「遊水地のいま」ギャラリー


2021年

画像:2021/09/05 エゾミソハギ

2021/09/05 エゾミソハギのピンクが、霧雨の中、遠くから目をひきました。雨の日が多かった今年の夏も終わり、エゾミソハギの花もそろそろ終わりのようです。(HS)

 

画像:2021/07/17 ヒメガマ

2021/07/17 梅雨明け直後の遊水池、アシの茂るなかでヒメガマが生きいきと林立していました。そのさまは心地よい眺めでした。(YD)

 


画像:2021/07/03 ハンゲショウ

2021/07/03 真っ白に化粧した葉と白い花穂が梅雨の空に涼しさを与えていました。カッコウの音が響く遊水池の初夏はあちらこちらでハンゲショウが見ごろです。(YD)

 

画像:2021/06/12 トモエソウ

2021/06/12 ヨシオギの混ざった草原の中の道路沿いに、トモエソウが何株か咲いていました。けっこう車が頻繁に通るので、こんなところに開花して大丈夫なのか心配になりましたが、車の通過したあとは、静かな青空が見守っていました。(YT)

 


2021/05/27 ハナムグラ

2021/05/27 ヨシの間で、ハナムグラが咲きました。小さいけれど、とてもいい匂いがします。(YT)

 

画像:2021/05/08 カワジシャ

2021/05/08 与良川のほとりに、点々とカワヂシャが咲いていました。 花は、透けるのですね。写真を撮っただけでは気がつかず、 ルーペで覗いて、びっくりしました。(YT)

 


画像:2021/04/10 ヨシ・イヌスギナ・コウヤワラビの芽生え

2021/04/10 ヨシ刈りされて開けたところに、ヨシイヌスギナコウヤワラビが芽生えていました。風は冷たかったのですが日差しがとてもまぶしく、厚着に不釣り合いな、圧倒的な青空でした。(YT)

 

画像:2021/04/02 オオアラセイトウ

 2021/04/02この花はさまざまの名前でよばれています。オオアラセイトウ・ショカツサイ・ムラサキハナナなどです。どの呼び方が広く行き渡っているかは定かではありません。 藤紫色は日本人が大好きな色合いです。帰化植物ですが、遊水地の春の野辺にとけこんで大群落を作っていました。(YD)

 


画像:2021/03/16 ハクモクレンと男体山

2021/03/16 男体山を背負ったハクモクレン。渡良瀬遊水地から見える日本百名山は15。東の筑波山で始まり西の富士山までやっぱり広いな~ (KM)

 

画像:2021/03/06 コタネツケバナ

2021/03/06 水路に面した斜面に、小さな花が真っ白に群れ咲いていました。初めて見る花です。調べたところ、コタネツケバナかなあ、と思うのですが。(YT)

 


画像:2021/03/02 オオイヌノフグリ

2021/03/02 遊水地で撮ったオオイヌノフグリです。今咲いている花は、オオイヌノフグリ、ホトケノザナズナぐらいしかありません 今日は谷中村屋敷跡でフキノトウを見つけました。発見は面白いです。それにしても、こんなにきれいな花なのにオオイヌノフグリとはかわいそうな名前ですね。(KM)

 

画像:2021/01/19 ヨシ刈り最盛期

2021/01/19 ヨシ刈り最盛期。ヨシ刈りをしているのは、3業者だけのようです。ヨシ焼き(3月13日)の前日まで続きます。(KM)

 


画像:2021/01/04 夕焼けの富士山とカラス

2021/01/04 そこはお前の家じゃない! 夕焼けの富士山を背景にしたコウノトリを狙って待っていたのですが、やっと来たのはカラス君でした。(KM)

 

画像:2021/01/01 桜堤から白富士

2021/01/01 新春のお慶びを申し上げます。桜堤からの白富士です。今年がいい年になりますよう、お祈り致します。本年もよろしくお願いします。(HS)

 



「遊水地のいま」ギャラリー 2020へ 2019へ 2017・18へ