・サンカクイ

渡良瀬遊水地に生育しているサンカクイの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するサンカクイの画像と説明文書

サンカクイ カヤツリグサ科

学名:

花期 7-10月
出会い度  ★★★☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈 50~120 cm
環境 明るい湿地に生える。高茎種の植被率が高くなると見られなくなる。 
特徴 葉は葉身が退化して根本に鞘となっているので、直立した三角の茎が立っていると本種かカンガレイの仲間であるとわかる。地下に走出枝があるので花序がないときには。一本一本出ているか疎らに叢生していることで、走出枝を出さず叢生するカンガレイの仲間と区別できる。花序は有柄で、無柄のカンガレイの仲間やホタルイの仲間とすぐに区別される。 
備考 遊水地ではフトイとサンカクイの推定雑種であるコサンカクイが見られ、コサンカクイは茎の稜は丸いものの横断面がおむすび型の緩い三角形である。