・タヌキモ

渡良瀬遊水地に生育するタヌキモの画像と説明文書

                                                                タヌキモ殖芽                          


タヌキモ  タヌキモ科

学名:Utricularia japonica Makino  準絶滅危惧(NT)

花期 7月~9月
出会い度  ★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  浮遊植物、長さは1mを越えることもある。
環境  古い池
特徴 水中で分枝しながら増え、葉は糸状に別れ、その裂片に着く捕虫嚢で水中の小さな動物を吸い込んで栄養源としている。 殖芽には中軸があり、これが見分けるのに重要なポイントになる。花は黄色で、花茎が中空である。
備考  タヌキモは、イヌタヌキモとオオタヌキモの雑種由来で、花粉が不念で結実しない。