渡良瀬遊水地は、絶滅危惧種をはじめとして多様な植物が生育しており、植物の宝庫といえます。私たちは、渡良瀬遊水地の植物を守る重要性を考慮し、活動を行なっています。


更新情報:

以前の更新情報はこちら


お知らせ

  • 7月4日(土)、調査会を開催しました。
  • 6月20日(土)、調査会を開催しました。
  • 4月18日(土)、5月2日(土)、16日(土)、6月6日の調査会は新型コロナの関係で中止しました。

遊水地のいま:夏

画像:2020/07/11 ミクリガヤツリ

2020/07/11 遊水地の一角に、イヌタデ、アオヒメタデ、コウガイゼキショウ、コウヤワラビ、オオチドメ、イヌスギナ、カヤツリグサ、コゴメガヤツリ、ミコシガヤ、チゴザサ、等の中に目立って1cm位の球形の花穂をつけたカヤツリグサ科の植物を見つけました。北米原産の多年草、ミクリガヤツリ、今まで見たことがありませんでした。(MA)

過去の写真はこちらから


遊水地のトピックス

2020年

2020/07/04

画像:2020/07/04 アカメガシワの葉の2対の蜜腺

アカメガシワはパイオニア植物(裸地に最初に侵入する植物)で、若い茎や葉に星状毛が見られるのが特徴です。

葉脚に外蜜腺があるので葉にアリなどの昆虫が這い回っているのを見ることができます。

調査会時に葉に2対の蜜腺があるのを見つけたので紹介します。(MA)

 

2020/05/03

2020/05/03 ミズキの開花

若葉の中で白い花が目立つ季節になりました。遊水地の樹林でも、ミズキが開花しています。(YT)

 

2020/04/11

画像:2020/04/11 ショウブ
スゲの出穂を見ようと湿地に行ったら、手前でショウブの群落に出会いました。去年通った時は気がつかなかったのですが。(YT)



渡良瀬遊水地の植物


画像:調査活動中の様子
只今、調査中