渡良瀬遊水地は、絶滅危惧種をはじめとして多様な植物が生育しており、植物の宝庫といえます。私たちは、渡良瀬遊水地の植物を守る重要性を考慮し、活動を行なっています。


更新情報:
  • 2020/01/13 「遊水地のトピックス」に01/11のアカメヤナギの幹に着生したノキシノブの写真を追加しました。
  • 2020/01/11「遊水地のいま」を水辺のハコベ類とタネツケバナの仲間の芽生えの写真に変更しました。
  • 2020/01/02「遊水地のいま」を01/02の桜づつみから見た富士山の写真に変更しました。タイトルバックを芽生えの写真に変更しました。
  • 2019/12/15「遊水地のいま」を12/14のツルウメモドキの写真に変更しました。

以前の更新情報はこちら


お知らせ

  • 11月2日(土) 調査会を開催しました。
  • 10月19日(土) 調査会は、台風の影響で調査ができる状態にないため、中止します。
  • 第2回植物観察会終了しました。ご参加の皆様ありがとうございました。

遊水地のいま:冬

画像:2020/01/11 ハコベ・タネツケバナ

2020/01/11 ヤナギの枝の映る水辺に、ひとむら鮮やかな緑がありました。ハコベ類と、タネツケバナの仲間の芽生えのようです。(YT)

過去の写真はこちらから


遊水地のトピックス

2020年

2020/01/11

画像:2020/01/11 ノキシノブが着生

アカメヤナギの幹に、ノキシノブが着生していました。  珍しい種類ではありませんが、遊水地では初見だったので、  うれしくなりました。(YT)

 

2019年

2019/11/02 台風19号による遊水地の水位

画像:2019/11/02 台風19号による水位

プレートにある青いラインは、平成27年の遊水地の水位です。  今年の水位は、それよりも1mほど上なのが、積もった草の茎などでわかります。(YT)

 

画像:2019/11/02 台風19号による水位

2019/10/13  遊水地の様子

台風19号は日本各地に大きな被害をもたらしました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。渡良瀬遊水地も、渡良瀬川などが極度に増水した結果、越流堤から河川水が流入し、冠水しました。 流入した水の量は過去最大と感じられ、ほとんど満水に見えました。当分の間、植物の会の遊水地の調査は難しい状況です。

画像:2019/10/13 増水した渡良瀬川
増水した渡良瀬川
画像:2019/10/13 渡良瀬川(左)から第1調節池(右)に流れ込んでいる様子
渡良瀬川(左)から第1調節池(右)に流れ込んでいる様子
画像:2019/10/13 満水状態の第3調節池
満水状態の第3調節池


渡良瀬遊水地の植物


画像:調査活動中の様子
只今、調査中