渡良瀬遊水地は、絶滅危惧種をはじめとして多様な植物が生育しており、植物の宝庫といえます。私たちは、渡良瀬遊水地の植物を守る重要性を考慮し、活動を行なっています。


最近の活動状況

  • 2023/01/16「遊水地のいま」を01/14の「オオブタクサの髄」の写真に変更しました。「遊水地のトピックス」を更新し、01/14の「オオブタクサの髄の大きさ」を追加しました。
  • 2023/01/01「遊水地のいま」を「生井の桜づつみからの富士山」の写真に変更しました。
  • 2022/12/25「遊水地のいま」を12/24の「新赤麻橋から南を望む」写真に変更しました。「遊水地のトピックス」を更新し、12/24の「新赤麻橋からスカイツリー」を追加しました。
  • 2022/12/19「インターネット植物図鑑」に「ノボロギク」を追加登録しました。

                                           過去の活動状況はこちらから


遊水地のいま:冬

画像:2023/01/14 オオブタクサの髄

2023/01/14 草刈りされて広々とした土手下を歩いていたら、何だか発砲スチロールのような白い棒状のものがたくさん落ちていて、場所によっては積もっていました。どうも、オオブタクサの髄のようです。(YT)


遊水地のトピックス

2023/01/14 オオブタクサの髄の大きさ(YT)

画像:2023/01/14 オオブタクサの髄と十円玉

オオブタクサの髄のそばに、十円玉を置いてみました。

 


2022/12/24 新赤麻橋からスカイツリー(YT)

画像:新赤麻橋からスカイツリー

新赤麻橋から見えたスカイツリーを、ちょっと大きく撮ってみました。

 

2022/12/16 マルバヤナギの胴吹き根(YT)

画像:2022/12/16 マルバヤナギの胴吹き根

正式名称がわからないのですが、胴吹き根と名付けました。マルバヤナギに出たものです。水に浸った部分の幹は白泥色になっています。その上は普通の幹の色で、境目に出たものです。気根なのでしょうね。

 

2022/12/1ワルナスビの実(YT)

画像:2022/12/16 ワルナスビの実

枯れて倒れた茎に、鮮やかな黄色の実がついていました。どうも、ワルナスビの実のようです。

 


2022/12/10 シダ3種(YT)

ミドリヒメワラビ

画像:2022/12/10 ミドリヒメワラビ
画像:2022/12/10 ミドリヒメワラビ

イヌワラビ

画像:2022/12/10 イヌワラビ
画像:2022/12/10 イヌワラビ

シケシダ

画像:2022/12/10 シケシダ
画像:2022/12/10 シケシダ

連日氷が張っているというのに、樹林下の道端で夏緑性のシダがまだ緑を保っていました。

ミドリヒメワラビは明るい色調の葉を持つ、よく見かけるシダです。うちの庭にもありますが、遊水地では初めて見ました。イヌワラビもよく見かけます。この場所にも複数の株がありました。シケシダは初めて見ました。ちょっと自信がなかったので、シダに詳しいE会員にシケシダで正解か質問して同定に至りました。(YT)

 


渡良瀬遊水地の植物


会の活動内容

画像:調査活動中の様子
只今、調査中


🍀会員募集中

  • 植物や自然環境に興味関心のある方、一緒に渡良瀬遊水地の植物の調査・保全に取り組みませんか。会員の中に専門家が数名いますので、学ぶことも多いです。上の「お問い合わせ・ご意見」にご連絡くださるようお願いします。

🍀会員への連絡

  • 10月15日(土)の調査会は無事終了しました。これで今年度の調査会は終了です。学習会等の開催については、またご連絡します。