渡良瀬遊水地は、絶滅危惧種をはじめとして多様な植物が生育しており、植物の宝庫といえます。私たちは、渡良瀬遊水地の植物を守る重要性を考慮し、活動を行なっています。


更新情報:

以前の更新情報はこちら


遊水地のいま:春

画像:2022/04/23 ゴマギ
2022/05/16 ミゾコウジュが広い湿地わきの岸辺に、凛っとして咲き出していた。(MA)

過去の写真はこちらから


遊水地のトピックス

2022/05/16 ミズハコベ(MA)

画像:2022/05/16 ミゾハコベ

広い干潟の湿地にミズハコベの陸生型が花を付けだしていた。この植物は、異形葉(水中葉、気中葉)の観察に適している。

 

2022/05/16 ヤブヘビイチゴ(MA)

画像:2022/05/16 ヤブヘビイチゴ

道脇の薮に、大きなヤブヘビイチゴがこちらを見ていた。

 

2022/05/17オヤブジラミ(YT)

画像:2022/05/17 オヤブジラミ

オヤブジラミが果期を迎えました。トゲトゲだけれど可憐な紫の実が、東赤麻橋のたもとで揺れていました。

 


2022/04/23 ナラノヤエザクラ(YT)

2022/04/23 ナラノヤエザクラ
2022/04/23 ナラノヤエザクラ
2022/04/23 イタチ

部屋南部桜づつみに、ナラノヤエザクラが植栽されて、咲いていました。カスミザクラが重弁化したもので、古くから知られた品種です。百人一首の「いにしへの奈良のみやこの八重桜けふ九重ににほひぬるかな」と詠まれたのは、この花だそうです。ナラノヤエザクラを撮っていたら、いきなりイタチが出てきて幹に駆け登りました。イタチって、木登り上手ですね。

 

2022/04/05 ジャヤナギの芽吹きと花 (MA)

画像:22/04/05 ジャヤナギの芽吹き

ジャヤナギの芽吹き、高木で特徴ある樹形をしている。

 

画像:22/04/05 ジャヤナギの雌花穂

ジャヤナギの雌花穂、雌小穂は長い毛で覆われている。

 


2022/03/30 鷹見台から、与良川付近で咲いていたタチヤナギカワヤナギの花(MA)

画像:2022/03/30 タチヤナギの芽生え

タチヤナギの芽吹き

 

画像:2022/03/30 タチヤナギの雌花

タチヤナギの雌花

 

画像:2022/03/30 タチヤナギの雄花

タチヤナギの雄花

 


20222/03/30 カワヤナギの芽生え

カワヤナギの芽吹き

20222/03/30 カワヤナギの雌花

 

カワヤナギの雌花

カワヤナギは雌株しか見つかりませんでした。

 



渡良瀬遊水地の植物


会の活動内容

画像:調査活動中の様子
只今、調査中


🍀会員募集中

  • 植物や自然環境に興味関心のある方、一緒に渡良瀬遊水地の植物の調査・保全に取り組みませんか。会員の中に専門家が数名いますので、学ぶことも多いです。上の「お問い合わせ・ご意見」にご連絡くださるようお願いします。

🍀会員への連絡

  • 今年度第一回の調査会は終了しました。次回は5月21日(土)です。ご参加よろしくお願いします。