渡良瀬遊水地は、絶滅危惧種をはじめとして多様な植物が生育しており、植物の宝庫といえます。私たちは、渡良瀬遊水地の植物を守る重要性を考慮し、活動を行なっています。


更新情報:

以前の更新情報はこちら


お知らせ

  • 10月3日(土)、調査会を開催します。
  • 9月19日(土)、一般公開の観察会を開催しました。
  • 9月5日(土)、調査会を開催しました。


遊水地のいま:初秋

画像:2020/09/12 ミズアオイ

2020/09/12 一株だけでしたが、ミズアオイが咲いていました。最近では、なかなか見られないミズアオイの花なので、幸運でした。(KM)

過去の写真はこちらから


遊水地のトピックス

2020年

2020/09/05

画像:2020/09/05 ムスジイトトンボ

水辺で、植物ばかり追っていた目の前に、ススーッと、涼しげな影が出現。イトトンボです。遊水地周辺でよく見かけるセスジイトトンボに、とてもよく 似ていますが、どうもこれはムスジイトトンボのような気がします。肩の黒条の中に、ほんの少ししか淡色線が見られないこと、眼後紋が小さいことなど。 いかがでしょう?(YT)

 

2020/08/08

画像:2020/08/08 クサネム

水辺の草むらにクサネムが咲いていました。涼しげな草姿で好ましい花ですが、田んぼでは害草です。種子が、木質化した莢とともに落ちて稲に混じると取り除くことが困難なため、白米の中に黒い豆が混入したままになってしまうからです。(YT)

 

2020/07/04

画像:2020/07/04 アカメガシワの葉の2対の蜜腺

アカメガシワはパイオニア植物(裸地に最初に侵入する植物)で、若い茎や葉に星状毛が見られるのが特徴です。

葉脚に外蜜腺があるので葉にアリなどの昆虫が這い回っているのを見ることができます。

調査会時に葉に2対の蜜腺があるのを見つけたので紹介します。(MA)

 



渡良瀬遊水地の植物


会の活動内容

画像:調査活動中の様子
只今、調査中