渡良瀬遊水地に生育しているアズマツメクサの全体画像と説明文書

アズマツメクサ  ベンケイソウ科  準絶滅危惧  学名:Tillaea aquatica

花期  5~8月
出会い度

★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 2~5 cm 
環境 泥湿地。 
特徴 小型の一年草。分枝した茎は束になって立ち上がるので、生長した個体は他の似た小型の植物と見分けやすい。しかし、出始めの時にはミズハコベ、ミゾハコベ、ミズマツバ、フタバムグラ、オオアブノメなどと似ていて紛らわしいことがある。本種は対生した葉が線形で肉厚、他種は少し生長すると葉の巾が広がることなどで区別できる。 
備考 オオアブノメの立地と似たような環境にでる。下の写真で左上の幼植物はエキサイゼリ。