渡良瀬遊水地に生育しているアブノメの全体画像と説明文書

アブノメ  オオバコ科(旧ゴマノハグサ科)

学名:Dopatrium junceum 

花期  8~10月
出会い度 ★★☆☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 高さ 10~25 cmで、抽水するものは背が高いようである。 
環境 湿地や浅水地、水田に生える。 
特徴 茎は直立し、対生する葉をまばらにつける。葉は根際ものもは狭長楕円形で長さ 2 cmほど、幅 5 mmほどになるが、上部に行くにつれて小さくなって鱗片状となる。花は葉腋ごとに 1花つき、正常花は淡紫色で、上部のものには長い柄がある。 
備考 浅水地や泥湿地に林立するように生育することがある。花後、その年に発芽するものもあって、それらはおそらく閉鎖花もつけずに枯れるようである。