渡良瀬遊水地に生育しているアメリカネナシカズラの全体画像と説明文書

アメリカネナシカズラ  ヒルガオ科

学名:Cuscuta pentagona  外来種 

花期  7~10月
出会い度 ★★★☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 1株?複数が寄り集まっている?不明 
環境 日当たりのよい草地に生える。 
特徴 つる性の寄生植物。黄色い毛糸くずが散らかって絡みつき、大きなものは草の上に乗っかっているような景観を呈している。葉はない。円く仕上げて牛皮の先をそり返させたシュウマイのような花を多数束生する。似た種類にマメダオシやネナシカズラがある。マメダオシは、おしべの花糸が短いので花冠から突き出ず、また内部の鱗片が 2裂することで見分けられるようである。ネナシカズラは茎に紫班があって花が穂状につくので見分けられる。 
備考 北アメリカ原産の帰化植物。これを執筆している現在まで筆者はマメダオシを一度も見たことがない。