渡良瀬遊水地に生育しているミコシガヤの全体画像と説明文書

ミコシガヤ  カヤツリグサ科

学名:Carex neurocarpa

花期

 5~7月

出会い度  ★★★★★(渡良瀬遊水地内)
草丈  30~60cm
環境  河原、日当たりのよい草地
特徴 多年草。叢生。 雌雄性の小穂を非常に密につける。小穂には包葉があるが、特に最下の包葉は長く伸びて、全体の様子がお神輿(みこし)に見えることからこの名がある。葉の先は次第に細くなり糸状。似たものに、ヤガミスゲなどがある。
備考  全国的に多いとは言えないが、遊水地ではごく普通で、特に掘削後の湿地には芽生えがたくさん出てくる。