渡良瀬遊水地に生育しているミゾコウジュの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育しているミゾコウジュ(花)の画像

ミゾコウジュ  シソ科

学名:Salvia plebeia  準絶滅危惧 

花期  5~6月
出会い度

★★★★☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 30~70 cm 
環境 荒れた湿地や泥地。泥が載ったコンクリート護岸やその隙間にも出る。 
特徴 長楕円形でしわの目立つ葉を対生し、細毛がある。花穂は伸びながら多数の花をつけ、花は小さいが淡紫色で、独特の色味を持つので目立つ。ヨシ焼き跡でもロゼットが焼けずにしぶとく地表に張り付いているものを所々目にする。 
備考 湿っていて明るければあまり立地を選ばないようである。サルビア属であることは花のつき方や花の形で納得される。