渡良瀬遊水地に生育しているヤセウツボの全体画像と説明文書

ヤセウツボ  ハマウツボ科

学名:Orobanche minor  外来種 

花期

 4~6月

出会い度 ★★★★★ (渡良瀬遊水地内)
草丈 高さ 20~50 cmになる 
環境 マメ科、キク科、セリ科植物に寄生する 1年生植物。 
特徴 全体に葉緑素を欠き、鱗片状に退化した葉を互生する。茎は紫色を帯びるものが多く、淡黄色で紫色の斑点のある花を密な穂状につける。中には茎から花まで黄色の個体も見られるが、このタイプは少ない。 
備考  ヨーロッパから北アフリカ原産の帰化植物。遊水地では堤防や広場の草地脇などで普通に見られる。