渡良瀬遊水地に生育しているヘラオオバコの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地のヘラオオバコの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するヘラオオバコの画像その2

ヘラオオバコ  オオバコ科

学名:Plantago lanceolata  外来種 

花期

 6~7月

出会い度  ★★★★★(渡良瀬遊水地内)
草丈  50~100cm
環境  日当たりの良い道ばた、グランド、堤防
特徴  ヨーロッパ原産の多年草。花穂の下から順に開花していく。白い糸がついて輪のように見えるのはおしべ。幕末に渡来したらしいが、今ではどこにでもあるほどに増えた。オオバコに比べて葉が長細く株全体が立っている。
備考  遊水地では湿地にはなく、堤防や道ばたに普通。