渡良瀬遊水地に生育しているホソバヒメミソハギの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するホソバヒメミソハギ(花)の画像

ホソバヒメミソハギ  ミソハギ科  外来種  学名:Ammannia coccinea

花期

 9~10月

出会い度 ★★★☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 50~80 cm 
環境 休耕田、水田湿地に生える。遊水地では主に掘削池で見られる。 
特徴 茎の断面は四角形。よく分枝する。やや硬くて細い披針形、無柄、基部が耳状になる葉を十字対生する。ナンゴクヒメミソハギと似ているが、ナンゴクヒメミソハギは茎の稜が低い翼になり、花や果実にははっきりした柄が付いている。在来種のヒメミソハギとも似ているが、ヒメミソハギは十字対生する葉の間隔が短く、広線形~披針状長楕円形の葉が込み入ってつく。 
備考 熱帯アメリカ原産。似たような仲間では、キカシグサの仲間がある。キカシグサの仲間の花は葉腋に1個つくか、頂部に花序をつけるのに対して、ヒメミソハギの仲間は葉腋に花を複数つけることで見分けられる。