渡良瀬遊水地に生育しているミズアオイの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育しているミズアオイ(花)の画像

ミズアオイ  ミズアオイ科

学名:Monochoria korsakowii  準絶滅危惧 

花期  8~9月
出会い度

★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 水面から抽出した植物体は30 cmに達する。 
環境 日当たりのよい泥湿地。 
特徴 深緑色で光沢のある葉は柄が10~20cm、葉身ははっきりした心形で、大型。コナギの大きな個体は本種と似ていることもあるが、コナギの葉は卵心形で小型である。花も小さい。 
備考 本来は河川の氾濫原など攪乱が起こる泥湿地に生育していた種であると思われるが、水田はまさにそのような環境なので、そのために人の営みに近いところで生育してきたものと思われる。ミズマツバなどもそうであろう。農薬に弱い。