渡良瀬遊水地に生育しているワタラセツリフネソウの全体画像と説明文書

ワタラセツリフネソウ  ツリフネソウ科

学名:Impatiens ohwadae

花期

 9~10月

出会い度  ★★★★★(渡良瀬遊水地内)
草丈  50~100cm
環境  ヨシ原
特徴  1年草。ツリフネソウとよく似ているが、側花弁上方基部の裂片(これは小型だが真の花弁)の形態で明瞭に区別できる(画像参照)。花茎に剛毛のないことが多いが、剛毛のある集団も見つかっている。花に4型があり、株の花はすべて同じタイプであることから、遺伝的な違いと考えられる。生育地は、関東地方(栃木、埼玉、茨城、千葉)の低地に限られている。
備考

本種は、2005年9/21の日本植物学会において新種として発表された。

記載論文は、2009年12月、以下の通り発表された。

渡邊幹男・芹沢俊介 2009 「ツリフネソウ属の1新種ワタラセツリフネソウ」 『シデコブシ第1巻 第2号』p61-70 愛知みどりの会(愛知教育大学自然科学系生物領域内)