渡良瀬遊水地に生育するイタチハギの全体画像(つぼみ)と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するイタチハギの全体画像と説明文書

イタチハギ  マメ科  外来種(重点対策外来種)  学名:Amorpha fruticosa

花期  5~6月
出会い度 ★★★★★ (渡良瀬遊水地内)
草丈 5 mほどになる落葉低木 
環境 道端、河川敷、荒地など過湿地でない明るいところならどこでも普通に生える。ただし、樹林内で見ることはあまりない。 
特徴 葉は6~12対の奇数羽状複葉。花序は旗弁(上部から覆うように出ている)のみで黒紫色の花を穂状につける。豆果は種子 1個で裂開しない。 
備考 北アメリカ原産で砂防用に植えられたものが逸出し広がった。