渡良瀬遊水地に生育するイヌトウバナの全体画像と説明文書

イヌトウバナ  シソ科

学名:Clinopodium micranthum

花期  8~10月
出会い度 ★★★☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 高さ 50 cmほどになる 
環境 山林の湿った林縁や平地の畦、水路端に生え、比較的暗いところでも見られる。 
特徴 茎は下部で倒れて斜上し、5~20 mmの葉柄があって、長さ 2~5 cm、幅 1~2.5 cmで卵形~長卵形の葉をつける。小さな花が多数集まって仮輪をつくり、接近して花穂をつくる。花は白~淡紅紫色。似た種類にトウバナなどがある。トウバナは高さ 30 cmほどでやや丈が低く、葉に腺点がない。花は淡紅色で、イヌトウバナよりも色濃く、仮輪どうしがより隣接する。萼の毛は少ないことで見分けられる。 
備考 遊水地では林縁や道端の水掃けのあまりよくないやや暗いところなどで見られる。