渡良瀬遊水地に生育しているアレチヌスビトハギの全体画像と説明文書

アレチヌスビトハギ  マメ科

学名:Desmodium paniculatum  外来種 

花期  7~9月
出会い度  ★★☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  ~100cm
環境  空き地、路傍、草地
特徴 多年草。 北アメリカ原産。全体的に毛が多い。果実は節によって3~6に分かれる。表面はかぎ状に曲がった毛が密生し、熟すと節からとれて衣服などにひっつく。引っこ抜いても強い地下茎が残り、厄介な外来種。似たものに、ヌスビトハギ、マルバヌスビトハギ、ヤブハギ、ケヤブハギなどがあるが、いずれも果実がより深くくびれる。
備考  遊水地ではまだ多くないが、増えていくと想像される。