渡良瀬遊水地に生育するウキアゼナの全体画像と説明文書

ウキアゼナ  オオバコ科(旧ゴマノハグサ科)

学名:Bacopa rotundifolia  外来種 

花期  8~10月
出会い度 ★★☆☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 長さ 20~60 cmほどになる 
環境 水路、水田などの浅水地、湿地に生育する 1年生草本。 
特徴 円形~倒卵形の葉を対生し、泥地では這って節から根を出して伸びる。水中では通気孔が発達して水に浮きやすい仕組みになっている。葉には多数の掌状脈が明瞭に見られる。花冠は白く 5裂し、おしべは 4本、めしべは先が 2岐して先が膨らんでいる。 
備考 北アメリカ原産の帰化植物。遊水地内では掘削池などで見られるが、生育地に隣接する掘削地で見られないなど発生場所はやや局所的である。