渡良瀬遊水地に生育するクサソテツの全体画像と説明文書

クサソテツ  コウヤワラビ科

学名:Matteuccia struthiopteris  

花期  
出会い度 ★★☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈 通常50 cm前後
環境 山地や草原の明るい湿地に群生する。渡良瀬遊水地では旧い土手などで出会える。
特徴 根茎は直立し、単羽状複生の葉もやや直立して叢生する。羽片は羽状に深裂する。葉柄は断面が広三角形で羽片のつく側が白く、背後と腹面は緑色なので、体育着の白線のように見える。
備考 根茎は地表から突出しているが、ヨシ焼きに耐えて、そこから展開する。早く伸びたものは焦げているが、根茎自体は強いようである。 
文責 渡良瀬遊水地植物の会 HS-A