渡良瀬遊水地に生育するカナムグラの全体画像と説明文書(開花)
渡良瀬遊水地に生育するカナムグラの画像その2
渡良瀬遊水地に生育するカナムグラの全体画像と説明文書(種子)

カナムグラ  アサ科(旧クワ科)

学名:Humulus japonicus

花期  8~10月
出会い度 ★★★★★(渡良瀬遊水地内)
草丈 絡みつかれるものによって高さはそれぞれである。かなり上に伸びているのを見ることがある。 
環境 過湿地でなければ河岸から陸地までどこでも見られる。 
特徴 雌雄異株で一年生のつる植物。葉は5~7深裂しざらつき、茎と葉柄に小逆刺(とげ)がある。 
備考 アブラナの花が終わる頃、火入れ跡に一斉に芽を出しているのを見るが、夏以降の広がり具合を見ると、実生の多くは消失していると思われる。 
文責 渡良瀬遊水地植物の会 HS-A