渡良瀬遊水地に生育するコバノカモメヅルの全体画像と説明文書

コバノカモメヅル  キョウチクトウ科(旧ガガイモ科)  学名:Cynanchum sublanceolatum

花期  7~9月
出会い度  ★★☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  つる性
環境  湿った草地
特徴  つる性多年草。花は径7-15mm、花弁の先は長く伸びる。同じ仲間としてコカモメヅル、オオカモメヅルがあるがいずれも花は小さく4-6mm、花弁は先が伸びず3角形。
備考  遊水地では、日当たりの良い湿草原で見る。