渡良瀬遊水地に生育しているシムラニンジンの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育しているシムラニンジン(花)の画像

シムラニンジン  セリ科  絶滅危惧Ⅱ類  学名:Pterygopleurum neurophyllum

花期  7~8月
出会い度

★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 80~120 cm、ヨシ原内のものでは150 cm以上のものを見たこともある。 
環境 原野の湿地。 
特徴 葉は羽状複葉で小葉は幅 5 mm以下と実に細い。ムカゴニンジンの上部の葉と似ているが、シムラニンジンの葉には鋸歯はない。 
備考 保全管理されている個体が盗掘により失われた。