渡良瀬遊水地に生育しているジョウロウスゲの全体画像と説明文書

ジョウロウスゲ  カヤツリグサ科

学名:Carex capricornis  絶滅危惧Ⅱ類 

花期  5~6月
出会い度

★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 40~70 cm 
環境 低地帯の湖畔、河原、沼辺などの湿地。 
特徴 稈は叢生する。叢生し、似たものではアゼナルコが同じようなところに見られるが、アゼナルコは粉白色っぽく、本種は黄緑ががっている。雌小穂の形状が全く違うので間違えることはない。 
備考 本種と同じ節(クグスゲ節)にクグスゲがあり、小穂がないとほとんど見分けが付かない。同じところで栽培すると、ジョウロウスゲの方がクグスゲより2週間ほど開花が遅い。渡良瀬遊水地に散発的に出現する本種はなぜか粃秕が多いようである。