渡良瀬遊水地に生育するコイヌガラシの全体画像と説明文書

コイヌガラシ  アブラナ科  準絶滅危惧  学名:Rorippa cantoniensis

花期  4~5月、秋にも咲いているものが見られる。
出会い度

★★★☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 10~40 cm 
環境 水湿地。 
特徴 花は葉腋に単生する。柄のない長角果は花後しばらくは白く枯れた花弁から突出しているので皮をむいたバナナのように見える。 
備考 日当りの悪いところには見られない。春先はあちこちに見られるが秋口は日当たりのよい湿地に限られる。