渡良瀬遊水地に生育するキタミソウの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するキタミソウ(花)の画像

キタミソウ  オオバコ科(旧ゴマノハグサ科)  絶滅危惧Ⅱ類  学名:Limosella aquatica 

花期  3~5月。早春からだらだらと咲いていて、上部が生育していれば通年咲いているのではないかと思われる。
出会い度

★★☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 3~5 cm 
環境 水辺の泥地。 
特徴 線香花火の散り菊のように葉を出し、大きくなるとへら状の葉をつける。匍匐枝を伸ばして新たな株をつくる。 
備考 茨城県小貝川では寄り洲に大群落を形成しているところが見られるが、渡良瀬遊水地内ではオオアブノメと同じような泥地に出て、水没すると次の減水期まで見られなくなる。