渡良瀬遊水地に生育するキツネノボタンの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するキツネノボタンの花の画像

キツネノボタン  キンポウゲ科  学名:Ranunculus quelpaertensis

花期  5~7月
出会い度  ★★☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  30~80cm
環境  湿った水際や草地の日陰
特徴  多年草。よく似ているものにケキツネノボタンがある。キツネノボタンは、茎の毛がほとんどないかあっても斜上、葉の小裂片は幅が広く隣の裂片と重なり合うことが多い、花柱の先は 強く曲がる、痩果 の縁に稜がない。また、タガラシ、絶滅危惧種のコキツネノボタンとの区別点は、球果が丸いことである。
備考  遊水地では、ケキツネノボタンよりも日陰の場所で見られる。