・コウガイゼキショウ

コモチコウガイゼキショウ(コモチゼキショウ)  エコタイプ

Juncus prismatocarpus R.Br. subsp. leschenaultii (J.Gay ex Laharpe) Kireschner

コウガイゼキショウ イグサ科

学名:Juncus leschenaultii Gay 

花期  5~7月
出会い度  ★★★☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  10~40cm
環境  日当たりのよい湿地、浅い池沼
特徴  多年草。茎は2稜形で狭い翼がある。葉は扁平の剣状。おしべは3個。よく似たものに、ハリコウガイゼキショウ、ニッコウコウガイゼキショウ、アオコウガイゼキショウ、ハナビゼキショウ、ヒロハノコウガイゼキショウなどがあり、葉の形状、茎の形状、おしべの数、蒴果の形状や長さなどで同定する。
備考  遊水地では、掘削地の湿地や浅い池に出てくる。この仲間の中では最も普通。