渡良瀬遊水地に生育するコケオトギリの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するコケオトギリ(花)の画像

コケオトギリ  オトギリソウ科

学名:Hypericum laxum

花期  7~9月
出会い度 ★★☆☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 20 cm以下であることが多い 
環境 湿地、休耕田に生える。本種の消長はやや著しいと思われるが、遊水地内では貧栄養な草丈の低い、所々苔むした湿地では普通に出会える。 
特徴 卵形で先の円い 1 cm以下の小さな葉を対生する。茎の所々に暗紫色の葉を展開していることが多い。 
備考 ヒメオトギリと似ているが、ヒメオトギリは丈が高く、葉も大きくて三角状卵形となる。おしべの数がコケオトギリでは 5~10 個であるのに対して、ヒメオトギリは 10~20 個あるので区別できる。