渡良瀬遊水地に生育するコマツヨイグサの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するコマツヨイグサの花の画像

コマツヨイグサ  アカバナ科

学名:Oenothera laciniata  外来種(重点対策外来種) 

花期  7~8月
出会い度  ★★★★☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  10~100cm
環境  道ばた、荒れ地など
特徴  1年草。北アメリカ原産。茎は地面をはうか斜上する。葉は多型で、全縁または羽状に浅裂~深裂する。同じ仲間に、メマツヨイグサ、オオマツヨイグサがあるが、いずれも茎が直立する。
備考  遊水地でも子供広場などを中心に分布を広げている。