渡良瀬遊水地に生育するゴマクサの全体画像と文書
渡良瀬遊水地に生育するゴマクサ(花)の画像

ゴマクサ  ハマウツボ科(旧ゴマノハグサ科)  絶滅危惧Ⅱ類  学名:Centranthera cochinchinensis var. lutea

花期  8~9月
出会い度

★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 10~50 cm 
環境 粘土質の土壌からなる湧水性の日当たりのよい湿地。 
特徴 分枝せず、硬い茎が直立し、鋭角に付く細い葉を上部で互生する。茎や葉は濃い鶯色で、見た目通り硬く、生きながら枯れているという印象がある。 
備考 一年草であるが、種子の休眠期間が長く、発芽条件、立地条件も限られるようで、年度によって出現個体数に変化が見られる。