渡良瀬遊水地に生育しているタチスミレの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育しているタチスミレの画像その2

タチスミレ  スミレ科

学名:Viola raddeana  絶滅危惧Ⅱ類 

花期  5~6月
出会い度

★★☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 40 cmほどになる。 
環境 湿草地。 
特徴

タチツボスミレ型の地上茎のある仲間で、葉は三角状長披針形、基部が浅い心臓形なのが本種の特徴。托葉が葉のように大きい。幼植物の葉は先がやや丸みを帯びるが、他の種とは質感の違いによって比較的区別しやすいものと思う。 

備考 渡良瀬遊水地以外では茨城県小貝川流域を除いてあまり出会うことのない植物である。