渡良瀬遊水地に生育するハルシャギクの全体画像と説明文書

ハルシャギク  キク科

学名:Coreopsis tinctoria  外来種 

花期

 8~10月

出会い度  ★★★★☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  50~100cm
環境  荒れ地、道ばた、河川敷
特徴  1年草。北アメリカ原産。観賞用に栽培されていたものが逸出した。茎の葉の裂片は線形、植物体は無毛。花のない幼植物のときシムラニンジン(絶滅危惧種)と間違われるが、シムラニンジンは葉が互生するのに対し、ハルシャギクは対生なので区別できる。
備考  遊水地では散策路などで群生している。