渡良瀬遊水地に生育しているヒガンバナの全体画像と説明文書

ヒガンバナ  ヒガンバナ科

学名:Lycoris radiata

花期  9月
出会い度 ★★★★★ (渡良瀬遊水地内)
草丈 花茎は高さ 50 cmほど、葉群は高さ 30~40 cmほどになる。 
環境 田んぼの畔、墓地、堤防法面に生えている。 
特徴 葉は晩秋に出て、線形、厚く光沢があって、主脈に沿って白っぽい線が出るので葉だけでも本種とわかる。葉は春には枯れて、その後花茎だけが出る。 
備考 遊水地では堤防や水塚などで見られる。