渡良瀬遊水地に生育しているホテイアオイの全体画像と説明文書

ホテイアオイ  ミズアオイ科

学名:Eichhornia crassipes  外来種(重点対策外来種) 

花期

 6~11月

出会い度 ★★★☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 水面から 20 cmほどで浮いている 
環境 池や沼、小川の水面に浮かぶ。 
特徴 葉は心形で、葉柄の基部が布袋腹のように膨れて浮き袋の役割を果たしている。群生しているものを引き上げると、根出茎で繋がっているので、たくさんの株がついてくる。 
備考 南米原産の帰化植物。