渡良瀬遊水地に生育するホソバイラクサの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するホソバイラクサのトゲの画像

ホソバイラクサ  イラクサ科  学名:Urtica angustifolia

花期

 8~9月

出会い度 ★★☆☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 高さ 1.5 m 前後 
環境 一般的には山地の植物のようである。遊水地では東南の越流堤背後草地に広く生育しているが、人目に付き難い場所で、ある程度草地を分け入っていかないと出会えない。 
特徴 托葉が離れて 4 個あり、葉が細くて先が細長く尖るのが特徴である。
備考 多くは雌雄異株であるが、雌雄同株もあるので観察してみると良い。刺毛が肌に刺さると痛痒くなるので注意が必要であるが、イラクサやミヤマイラクサのような激痛を感じない。