渡良瀬遊水地に生育するイタドリの全体画像と説明文書

イタドリ  タデ科  学名:Reynoutria japonica

花期  7~10月
出会い度 ★★★★☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 150 cmほどになる 
環境 日当たりのよい荒地などに生える。 
特徴 広卵状だ円形の大きな葉は対生し、中空の太い茎、脱落しやすい膜質の托葉鞘が茶色に変色して茎についているなど直ぐにそれとわかる植物である。雌雄異株。 
備考 すっぱいが食べられる。和歌山県古座川奥では塔の立ったふきのとうと同様、郷土料理として普通に利用されている。