渡良瀬遊水地に生育するギョウギシバの画像
渡良瀬遊水地に生育するギョウギシバの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するギョウギシバの画像その3

ギョウギシバ  イネ科

学名:Cynodon dactylon

花期  6~8月
出会い度 ★★★★★ (渡良瀬遊水地内)
草丈 主稈は地をはう。花茎が立ち上がり、高さ 10~40 cmほどになる。 
環境 空地や荒地に普通に生える。 
特徴 葉は扁平または 2つ折れとなって、一平面上に行儀よく 2列に並ぶ。花序はオヒシバのように掌状で花軸が放射状に開く。シバと似ているが、シバの葉は平らで 2折れすることはない。シバの総状花序は棍棒状で花序があれば間違えることはない。 
備考 芝地ではシバより踏みつけに強い。したがって堤防では法面をシバで緑化しても天場から道部分ではシバが出ていることは少なく、シバのように見えるのがギョウギシバであることが多い。またコンクリートの隙間から生えているのもよく目にする。