渡良瀬遊水地に生育しているアカメガシワの全体画像と説明文書

葉脚に外蜜腺がある

アカメガシワ  トウダイグサ科

学名:Mallotus japonicus

花期  6~7月
出会い度

★★☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈  ~10m
環境  山林の日当たりの良いところ
特徴  雌雄異株の落葉高木で、山林の伐採地などで初期に生えるパイオニア植物である。9月に4mmほどの黒い種子をたくさんつけ、鳥がそれを食べて運ぶと考えられている。街中でも芽生えを見かけることがある。
備考  遊水地では谷中湖畔でよく見られる。