渡良瀬遊水地に生育しているユウガギクの全体画像と説明文書

ユウガギク  キク科

学名:Kalimeris pinnatifida

花期

 7~10月

出会い度 ★★★☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 高さ 0.4~1.5 mほどになる 
環境 山野に普通に生える。 
特徴 茎は上部で枝を分けて、枝は広角に開く。葉は長さ 7~8 cmほどの長楕円形で、やや薄くて羽状に中~深裂する。舌状花は白~淡青色で、筒状花のそう果の冠毛はきわめて短い。ノコンギクやカントウヨメナと似ているが、ノコンギクの筒状花のそう果の冠毛は長い。カントウヨメナは葉がやや厚く、葉の縁は鋸歯となり、舌状花は青紫色である。 
備考 地下茎を引くので群落状に固まって生育しているのに出会う。