渡良瀬遊水地に生育するコアゼテンツキの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するコアゼテンツキの画像その2
渡良瀬遊水地に生育するコアゼテンツキの画像その3
渡良瀬遊水地に生育するコアゼテンツキの画像その4

コアゼテンツキ  カヤツリグサ科

学名:Fimbristylis aestivalis

花期  7~9月
出会い度  ★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  5~15cm
環境  湿地、水田の畦
特徴  メアゼテンツキ、アゼテンツキに似るが、次の点で区別できる。

①鱗片の芒(のぎ)は短い

②柱基に毛がない

③果実の長さが短い

備考  希少な種で、栃木県では準絶滅危惧種に指定されている。