渡良瀬遊水地に咲くアゼトウガラシの画像

アゼトウガラシ  アゼナ科(旧ゴマノハグサ科)

学名:Vandellia angustifolia

花期

8 ~10月

出会い度 ★★★☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 10~20 cmほどになる 
環境 水田や湿地に生える。 
特徴 葉は線状長楕円形で、長さ 1~3 cm、幅 2~8 mm、縁に少数( 2~4個)のあまりとがらない鋸歯がある。上部の葉腋から細い柄を出して 1花つける。スズメノトウガラシと似ているが、スズメノトウガラシは葉が倒披針形で先がとがり、縁に多数( 5~8個)の先がとがる鋸歯があることで見分けられる。 
備考 葉の細いアメリカアゼナやタケトアゼナも似ているが、アゼトウガラシが羽状脈であるのに対して、これらは掌状脈であることで見分けられる。