渡良瀬遊水地に咲くアレチノギクの画像

アレチノギク  キク科  学名:Erigeron bonariensis  外来種

花期  4~6月
出会い度  ★★☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  30~50cm
環境  乾いた荒れ地
特徴  越年草。南アメリカ原産。舌状花は小型でほとんど目立たない。その点ではオオアレチノギクと同じであるが、主茎は50~80cmと低く、側枝が高く伸び上がる。似ているヒメムカシヨモギは舌状花が明らかに認められる。
備考  渡良瀬遊水地では掘削後の荒れ地で見られることがある。