渡良瀬遊水地に生育するヒメヤブランの画像

ヒメヤブラン  クサスギカズラ科(旧ユリ科)

学名:Liriope minor

花期  7~9月
出会い度  ★★★☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  ~15cm
環境  草地、土手
特徴  常緑の多年草。葉の幅は1.5~3mm。長い根茎を引いて群生する。種子は初め緑色で後に黒くなる。液果のようにみえるが、果皮は早期に失われ、肉質の種皮が露出 する。同属のヤブランは葉幅5~15mmで林内に生える。
備考  遊水地では、堤防や日当たりのよい貧栄養の草地に見られる。