渡良瀬遊水地に生育するカリマタガヤの画像

カリマタガヤ  イネ科

学名:Dimeria ornithopoda var. tenera

花期

 8~10月

出会い度 ★★☆☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 稈は花序を含めて 30 cmほどになるが、通常 20 cmぐらいである。 
環境 明るい湿地に生える。 
特徴 小型で繊細な植物で、植物体にはまばらに長毛がある。花序は 2本の総からなり、総の中軸は扁平で小穂が 2列に並んでつく。芒が長く突き出ている。 
備考 生えているところでは群落状に多数生育しているが、一緒に生えている他の植物に目が行くのであまり目立たない。水位変動の多い区域で、その水際の湿地では本種だけが群生していることがある。