ハタケテンツキ  カヤツリグサ科

学名:Fimbristylis stauntonii 

花期  8~10月
出会い度  ★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  10~20cm
環境  田の畦
特徴  1年草。アゼテンツキ、メアゼテンツキなどに似ているが、果をルーペで見ると長楕円形(他の多くのテンツキ類は倒卵形)。また花柱が長く1.5~2mmで果時にも残る。遊水地には記録のないトネテンツキがよく似ているが、小穂の各部がやや大きく花柱は2.5~3mm。
備考  遊水地では数カ所の掘削地に出現したが、ほとんどが遷移の経過と共に消えてしまった。現在は掘削地から出た土砂をまかれた道ばたで見られる。