渡良瀬遊水地に生育するオオトリゲモの全体画像と説明文書

オオトリゲモ  トチカガミ科(旧イバラモ科)

学名:Najas oguraensis

花期  7~10月
出会い度  ★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  ~50cm
環境  水中
特徴  種子の表面には横に長いはしご状の網目模様がある。雄花の葯室は4個で、この点からトリゲモ(雄花の葯室は1個)と区別できる。トリゲモ類の同定には実体顕微鏡が必要。
備考  渡良瀬遊水地では、掘削でできた浅い池などに出現するが、消長が激しい。