渡良瀬遊水地に生育しているメドハギの全体画像と説明文書

メドハギ  マメ科

学名:Lespedeza cuneata

花期

 8~10月

出会い度 ★★★★★ (渡良瀬遊水地内)
草丈 1 m前後 
環境 川原や草原に生える。 
特徴 葉は羽状の3出葉で、小葉は倒披針形、茎に密につく。似た種類にハイメドハギ、ツルメドハギがあるが、ハイメドハギ、ツルメドハギは茎が地上を這い、小葉の幅がメドハギより広いことで区別できる。また花の紫色部分がハイメドハギの方が目立つ。 
備考 ツルメドハギの小葉は幅広くネコハギのように見える。花序に付く花数が多いものは外来種のオオバメドハギである可能性がある。