渡良瀬遊水地に生育しているタケニグサの全体画像と説明文書

タケニグサ  ケシ科

学名:Macleaya cordata

花期  7~8月
出会い度 ★★★★★ (渡良瀬遊水地内)
草丈 1~2 m 
環境 日当たりのよい土手や荒地に生える。 
特徴 羽状に裂けた大きな葉をつけて、植物体は黄緑色で葉裏は白く、周辺の植物の中では白っぽいので遠目でもわかりやすい。茎は中空で柔らかく、傷つけると黄色い液が出る。 
備考 裂口から出る黄色い液はプロトピンなどのアルカロイドを含むので口にしない方が良いが、虫刺されなどに利用されていたようである。皮膚の弱い人はかぶれるかもしれない。