渡良瀬遊水地に生育するコバンソウの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するコバンソウ(花穂)の画像

コバンソウ  イネ科

学名:Briza maxima  外来種 

花期  5~6月
出会い度 ★★★★☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 高さ 10~60 cmほどになる 
環境 路傍、堤防などに逸出している。 
特徴 葉は線状披針形で無毛、縁がざらつく。円錐花序は先が垂れて、枝は少数あって 1~3個の小穂をつける。小穂の頴が膜質で袋状になって 長さ 1~2.5 cmで小判の形をしているのですぐに本種とわかる。似ている種類はないが、本種のような独特な小穂の形を持ったものにヒメコバンソウがあって、これは小穂の長さ 幅ともに 4 mmと極めて小さい。 
備考 地中海沿岸地原産の帰化植物。遊水地では遊歩道端に多く、ヒメコバンソウとともに路傍に見られる。