渡良瀬遊水地に生育するチヂミザサの全体画像と説明文書

チヂミザサ(ケチヂミザサ)  イネ科

学名:Oplismenus undulatifolius

花期  8~9月
出会い度 ★★★☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 高さ 10~30 cmほどになる 
環境 主に樹林内に生える。 
特徴 植物体の全体に開出した毛がある。稈は平伏して根を出しながら地表を這う。葉身は披針形で、波打つ。花序は直立し、小穂は熟すと芒が粘って小穂ごと離れてよく衣類に粘着する。刺などでくっついているのでなくて、べたべたする。 
備考 似た仲間にコチヂミザサがある。コチヂミザサは短毛はあるが、さわってもざらつく感じがなくて、花序の節以外は無毛である。ケチヂミザサに比べてみずみずしい感じがする。